本文へ移動

音楽療法士・金子先生にインタビュー

エスペランサでは毎月8回ほど、音楽療法士の金子先生をお招きし、ミュージックセラピーを行っていただいております。
どんな活動をされているのか、金子先生にインタビューしてみました。
①音楽療法とは、どういうお仕事ですか?また、その魅力はなんですか?
音楽療法とは、心身を安定に導き脳をイキイキするきっかけを作るお仕事です。
音楽の持つ、生理的、心理的、社会的働きを用いて心身の障害の回復、機能の維持改善、
生活の質の向上に向けて聴くだけではなく、音楽療法を通じて歌ったり、一緒に手を動かしたり、
楽器を使用したりしながら音楽と一体となって行えるのが魅力です。
 
②音楽療法の仕事に就いた理由やきっかけはありますか?
音楽で私は人生何度も救われてきました。音楽を通じて、1人でも多くの方に幸せになって頂きたい気持ちがあり、更に楽しいだけではなく自信や達成感を持っていただける音楽療法を、恩師と知り合い勉強していこうと思いました。
 
③音楽療法の仕事をして嬉しかったことはありますか?
施設などお伺いした後、「また先生きてね!待ってるよ!」などの
お声をかけていただけるのがとても嬉しいです。
同時に施設スタッフの方より、普段はあまりお話しにならない方や、
イベントなどにも参加されない方も音楽療法の時間だけは参加されていますなどの感想も私の糧となっています。
また、苦手な部分を克服され、自信を持たれ、イキイキと歌っておられる姿もまた、療法活動の意味を再確認出来さらなる
私自身の邁進が必要であると感じています。苦労の部分は、ほとんどありません。皆様の笑顔で十分です。
 
④音楽療法で使用する楽器はなんですか?
鳴子や鈴、タンバリンなどを使用します。
集団療法の場合、個性的な楽器ではなく気軽に扱える楽器を使用することで参加したい
気持ちを上げて頂きたいと思います。また、楽器以外にはバンダナなどを使用し、体操
なども行います。
 
⑤ご利用者様、ご家族様に一言
平均寿命が90歳近くまでになってまいりましたが、寝たきりの状態ではなく、健康にイキイキと生活することのできる健康年齢をあげるため、少しでも多くの方に音楽療法を受けていただく意味や内容、効果などを知って頂きたいと思います。音楽は、音を楽しむと書きます。人生も音とともに、楽しく健やかに、そしてハツラツとされる手助けになればと思い、皆様とお会いさせていただいております。音楽は健康の源!皆様是非ご参加ください。
 
先生、ありがとうございました!
 
金子先生は当施設の他にも、さまざまな場所で活動されています。
活動の様子は個人サイト「poco a poco musiclife」、金子先生のfacebookにて公開されています!
↓ 金子先生のホームページはこちら! ↓
0
0
1
4
6
5
4
TOPへ戻る