本文へ移動

イベント情報

林家竹丸様が来訪されました

2020-02-17
「滑稽噺」を披露される竹丸様。
南京玉すだれも披露されました。
楽しい時間をありがとうございました!
令和2年2月17日(月)落語家の林家竹丸さんが来られ、落語会が開催されました。
林家竹丸さんは宝塚出身。神戸大学経済学部を卒業後、NHKの記者を6年間勤めた後、4代目林家染丸師匠へ入門。現在は天満天神繫昌亭や神戸喜楽館、ピピアめふで主に活躍され、公演や執筆活動でも落語の魅力を発信されています。
デイフロア内に即席の高座が作られ、アットホームな雰囲気で始まりましたが、「生の落語」に触れたことがない方も多く最初は緊張した様子でした。わかりやすく身振りを交えた演出に利用者様の表情もほぐれ、終始なごやかな雰囲気で進みました。
「笑いは百薬の長」と言われ、医学的にも笑いの健康効果が明らかになっていますが、「落語」はより効果的な「脳トレ」にでもあるというお話をされていました。
今回は「動物園」という滑稽噺と「南京玉簾」を披露してくださいました。「オチ」がつくと大きな笑いがおこり、南京玉簾では自然と手拍子が始まり「鯛の塩焼き」や「長尾鶏」が出来上がると歓声が上がっていました。
落語独特の間合いや表情・しぐさに魅了され、聞いているうちに話に引き込まれていき、「もっといろんな話を聞いてみたい」と好評をいただきました。
林家竹丸様、本当にありがとうございました!またのご来訪を心よりお待ちしております!
0
0
4
4
5
8
5
TOPへ戻る